忍者ブログ
YouTubeからゴルフの動画を紹介します。
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Sergio Garcia #11 at Augusta

これを見ると、切り返した直後、手は落ちていますね。

切り返しでヘッドをループさせているのか、あるいは手を落としているのか。これが、問題です。
なぜなら、ガルシアのようなスウィングをするためには、
どうすればいいか、多くの人が試行錯誤しているからです。

この動画を見ると、手を落としています。あと、明らかに左手前腕はロールして、手の甲をやや空に向けています。

この動作をマネすれば、ガルシアのようなスウィングになります。
(?付き)

PR


セルジオ・ガルシアです。

切り返したあと、ものすごくフラットなプレーンになります。

これをマネするのはむずかしいですが、
この動画を見ると、切り返しでループしているようです。

クラブヘッドはかなりインサイドから降りてきます。

インパクトゾーンでは、手を低く保ち、
低く保つことによって、鋭くヘッドをターンさせているように
見えます。

インパクトでのヘッドのターンは見事です。



Sergio Garcia - Swing Video

セルジオ・ガルシアの練習風景です。

セルジオ・ガルシアはタメ打ちということになっていますが、
どうも、私が見て気になるのは、アドレスで手の位置が高く、
手首の角度があまりなく、腕とシャフトが一直線に近くなっている点です。

一般に、タメ打ちの人はハンドダウンに構えるものです。
(青木功とか)
なのに、ガルシアはハンドアップです。
これじゃあ、タメがいくらあっても、それを生かせない構えのように見えます。
まあ、私がぼやいても何にもなりませんが…



Sergio Garcia Hand Drop

このタイトルをみると、手が落下しているという意味でしょうか。
動画を見ると、切り返しで、ヘッドがややフラットになって降りてくることがわかります。つまり、ダウンのスウィングプレーンは、テイクバックよりもフラットになるわけです。
これは、手でそういうふうに作っているのか、あるいは自然の落下でそうなっているのか、よくわかりませんが、こういうふうにフラットになるのは、教科書に書いてある通りです。





忍者ブログ [PR]